安心はしあわせ 保険の鶴亀

メインメニュー

当社は、法令等遵守(以下、コンプライアンスという)を
経営上の最重要課題の一つと位置付けています。
全ての役職員は、自分の職業を通して
社会的責任を常に意識して行動する必要があり、
当社は本方針の下、コンプライアンスを実践する態勢を確立いたします。

1.基本的な考え方

コンプライアンスとは、事業活動に関連する全ての法令、主務官庁が定める監督指針・ガイドライン等、委託先保険会社との間の契約、委託先保険会社が定める規定、当社の社内規定・マニュアルおよび社会的規範(以下、これらを総称して法令等という)を遵守し、社会の期待と要請に応えるべく、誠実かつ公平で公正な活動を実践することと致します。

 

2.コンプライアンス態勢の構築

Ⅰ.体制の整備

コンプライアンスに関する重要事項が、経営陣に適切に報告されかつ共有される体制を整備いたします
コンプライアンスに関する事項を一元的に管理し、コンプライアンスを推進する責任者を任命すると共に、法令遵守態勢の確保の為に必要な権限を付与いたします
役職員が、コンプライアンス上問題となる行為を発見した場合の報告相談体制を整備いたします

Ⅱ.コンプライアンス推進活動の実施

コンプライアンス実践の具体的手引書として、コンプライアンス・マニュ等を策定し、周知徹底いたします
コンプライアンス・プログラムを具体的な実践計画として策定実施いたします
コンプライアンス徹底するため研修や点検を行います
コンプライアンス上問題となる行為については、直ちに是正するとともに、原因を分析し再発を防止いたします

3.コンプライアンスに関する役職員の行動基準

Ⅰ.行動基準

健全な保険事業の発展に寄与し、社会からの信頼を得るために法令等の遵守を行動の基本に据え、誠実・公平・適正な業務運営に努めます
あらゆる面で、あらゆる人に誠実且つ公平・公正に接します
法令等に違反する行為を発見した場合には、勇気を持って指摘し、関係者と協力して是正いたします

Ⅱ.適正な事業活動を支える基本的行動

保険業の公共性を十分に認識し、保険募集の公正を確保することにより、
保険契約者(お客様)の保護に努めます
知的財産権を保護すると共に、他者の知的財産権を侵害いたしません
業務上知り得たお客様の情報の取扱について、細心の注意を払い、紛失・漏洩等をしないように、厳正な管理に努めると共に、定められた目的以外には利用しません
市民社会の秩序や、安全を脅かす反社会的勢力には、警察等関係機関等とも連携し、毅然とした態度で立ち向かいます
お客様の利益が、不当に害されることの無いよう利益相反取引を管理し、適切に業務を遂行いたします
インサイダー取引(重要な未公開情報を利用した株券等の取引)は行いません
競争相手との関係において、談合、不公正な競争手段の利用、また取引上の地位を利用しての不公平な取引の要求を行いません
当社の資産や重要情報、営業秘密等は厳正に管理いたします
犯罪による収益移転(マネー・ロンダリング、テロ資金供与)の防止を図るため、取引時確認を徹底いたします
業務上の立場を利用して、私的な利得行為を行いません
人権を尊重し、人種、国籍、性別、年齢、職業、地域、信条、障害の有無等による差別やハラスメント行為を行いません
安全で安心な職場環境を守ります

Ⅲ.迷った時の判断基準

自分の取るべき行動に迷った時は、下記の基準に照らし判断いたします

真にお客様のためになっていますか
自分の大切な家族や友人に自信をもって説明できますか
自分の子供や家族にも同じ事をさせられますか
たとえ新聞やテレビ等で報道されても堂々としていられますか
自分だけが楽をする、逃げ道や抜け道ではありませんか
目先の欲望や利益に誘惑された挙句、危険な橋を渡ろうとしていませんか

Ⅳ.基本行動の実践に向けて

役職員は、他者に法令等に反することを命ずる事はできません
役職員は、法令等を遵守することによって如何なる不利益も受けません

附則

1条(改廃)
この規程の改廃は、役員会の決議により、代表取締役社長がこれを決裁する。
第2条(施行)
この規程は、平成28年1月1日から施行する。